スタッフブログ

水廻りも交換させていただきました。

こんにちは。

ガレージカレントの野谷です。

 

notani

納車整備を進めております996カレラ4。

先日のブログで燃料ポンプの異音による交換作業を掲載させていただきましたが、

本日は水冷エンジンの要であるクーラント漏れによる交換作業を紹介させていただきます。

クーラントが漏れ出していたのはクーラントサブタンクとホースの繋ぎ目からです。

微量の漏れでございますがいつ大量に漏れ出すか解りません。

漏れ出してクーラント量が減ってしまうとオーバーヒートになりかねません。

そのようなことになる前に漏れ出している原因のサブタンクを交換します。

 

まずはサブタンクの取り外しです。

簡単に取り外せるように見えますがタンク本体が奥に伸びるような形をしているので

1番側のインテークを取り外してタンクを取り出します。

 

 

 

 

取り外したタンクと新品を比較すると黄ばんでいるが鮮明にわかります。

タンクの劣化により亀裂が入ってクーラントが漏れ出すのです。

キャップも同時に新品に交換いたしました。

 

996のウィークポイントである水廻りのトラブルですが、ご納車前に交換できました。

これで安心して996にお乗りいただけます。

E様の素敵なカーライフのスタートまでまだまだお時間があります。

しっかりテストを行って万全の状態でお納めさせていただきます。

ご納車まであと少し!

E様、もうしばらく待ちくださいませ。

 

ガレージカレントにLINEで問合せできます!

以下QRコードか、友だち追加ボタンから、友だち追加してください!

友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第66号は2/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

ガレージカレント公式Facebook

カレントテックセンター公式Facebook

「いいね!」も忘れずによろしくお願いします!

by 野谷

オススメ記事