スタッフブログ

車台番号っておもしろい?

こんばんは、ガレージカレントの竹下です。

先日の雪も、道路上はほぼ溶けて路肩に残っている程度となりました。

まさかあそこまでの記録的な積雪になるとは想像しておりませんでした。

ちなみに、我が家の駐車場には、取りあえず近所の雪かきで捨て場所のない雪がうずたかく積み上げられ。。。

いまだに見事な雪山が出来ています。

やっと愛車が動ける路面状況になったのに結局しばらく自宅には車が止められなかったりします。

とにかく、明日は朝からがんばって雪山を崩して溶かします!

 

 

さて、今夜はこんなお話。

車台番号についてです。

一般的には、輸入車の場合17ケタの車台番号が一台一台個別に割り当てられています。

見慣れてくると、これはこのモデルだというのが分かってきます。

 

例えば、下の画像はメルセデスベンツの物。

ここまでで、右ハンドルのS500ロングというところまではすぐに判別できます。

17ケタ全てを入力するとその車両の装備やカラーなども分かるシステムもあります。

securedownload

 

 

お次は、この赤いボディーの物。

2013年モデルのワーゲンビートルです。

メキシコの工場でアッセンブルされています。

securedownload (1)

 

 

アメリカなどで主にみられるタイプと、ヨーロッパで見られるタイプで異なりますが、

一度ご自身の愛車の車台番号をご覧になってみて下さい。

インターネットで検索すると見方が色々出てきますから、ちょっと楽しめると思いますよ。

私も自分お車などはすぐに調べてしまいます。

17ケタを暗記していたりしたことも。。。

 

車好き同士だと、こんな話題で盛り上げることができるかもしれませんね。

では、明日は弊社は定休日です。

また水曜日にお会いしましょう!

See you wednesday!

 

 

 

お探しのお車ございます場合には、お気軽にリクエストをお申し付けくださいませ。

こんなクルマ探して!あんなクルマ見つからない?という方はお気軽にご相談お待ちしております!!

お問い合わせ、お待ちしております。

 

詳しくは、FBページでご確認くださいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ガレージカレント公式Facebook

 

カレントテックセンター公式Facebook

 

「いいね!」も忘れずによろしくお願いします(_ _)

 

<お知らせ>

現在、業務拡大中つき、輸入車アドバイザーの採用を積極的におこなっております。

当社の理念に共感したあなた、私たちと一緒に頑張ってみませんか?

今年で創業14年目。ポルシェ・ベンツをはじめとする稀少車のスペシャルショップとしての認知度、

そして買取ブランド「外車王」の認知度も年々高まっており、その対応力を上げるためのスタッフ募集です。

営業未経験から車好きに一目置かれるプロショップのスタッフになりませんか? ご応募お待ちしております。

 

https://www.garagecurrent.com/recruit/

 

 

by 竹下

 

ガレージカレント ホームページ

カレントテックセンター ホームページ

輸入車・外車売るなら外車王!

オススメ記事