スタッフブログ

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

この間、我らがたまプラーザ駅を通った際に気づいてしまいました。

すでにクリスマス仕様になっていることを!

昨日あたりから一気に冷え込んでいますし、マフラーをまいた人々が周りにいると

それっぽく見えてくる気がしています。

ちなみに私がここにいたときの服装は半袖でした(; ・`д・´)

 

昨日は一台クルマの修理を行わせていただきました。

修理と言っても今回実施したのは見た目の部分の修正でございます。

自動車のを見ていく中でチリという言葉を耳にされたことはございませんでしょうか。

チリというのはバンパーとフェンダーの隙間や、ドアとドアの間など外板パネルの切れ目の部分を指しております。

我々の業界ではそこのずれがあるとまずその付近に事故を疑うことから、一般のお客様もたまにこのチリを気にされる方が多くいらっしゃいます。

今回は、〇のついた部分の修正を行いました。

一回バンパーを降ろし、ボディ側に変形が無いことを確認したうえで取付しなおすのです。

バンパーはよく下をすることがあるためそういった衝撃でずれてしまうこともしばしば。

もちろん当車両も事故ではなく軽微なすりによるズレでございました。

今回は塗装も一緒に行わせていただいて完成です٩( ”ω” )وいやあ、印象変わります(*´з`)

 

ぜひ皆様もこれからはチリを気にして自動車を見てみてください!

ずれているから事故というのは間違いですが、そこから疑っていくというスタンスは正解です。

クルマはよく見ることでいろいろ教えてくれるものです。

今ご検討中のお車があるという方はぜひ参考にしてみてください!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第132は11/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga