スタッフブログ

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

さて、既にお問い合わせを多くいただいております996のアニバーサリーエディションを

深く掘り下げて今日はご紹介させていただこうと思います。

1963年に初めての911が製造されてからちょうど40周年を迎えた2003年に発表されたのが

このアニバーサリーエディションでございます。

この車は生まれながらにしてカレラとは異なります。

パーツリストを見ても、アニバーサリーという記載を確認できるのですから。

パッと見て思うのがターボのバンパーですよね。

大きく開いたエアインテークが非常にかっこいいのが特徴です。

ルーバー部分はシルバー塗装されております。これもオリジナルの仕様。

ヘッドライトもきれいで保管環境のすばらしさが伺えます。

車高は10mmダウン。

たった10mmですが、されど10mmです。

ちょっと下がったこの感じが上品でかっこいいのです。

そして、若干硬い印象の乗り味もまた特別感を感じられるポイントです。

さらにLSDが入っています。バキバキではありませんが程よく効きます。

前に前に進もうとする車というのは非常に面白いものでございます。

リアエンブレムは特別仕様。

実はアンダーバーの部分にも文字があるのです( *´艸`)

ちなみにこのボディカラーも特別カラーでGTシルバーといいます!

アークティックシルバーよりも重厚感を感じる特別カラーです。ぱっと見でわかる方はかなりのフリークです!

ホイールはオプションの18インチホイールをメッキ仕上げに!

これぞです!アニバーサリーと言えばこのホイールです。

私の勝手なイメージですが。。。ダストもほぼ無く素晴らしいほどに綺麗です。

ちなみに、キャリパーのの塗装も非常に綺麗でハードな走行はされていないことが見受けられます。

ちょっと画像では見ずらいですが、パンチングレザーが採用されています。

これもスペシャル感が得られるポイントでございます。

ステアリング、サイドブレーキノブ、リアシートまで

普通ではないこの感じが通好みの一台( *´艸`)

この車の希少価値というのは最初に述べたとおりですが、それ以上の面白さとかっこよさを

実際に見ていただけると感じていただけるのではないでしょうか。

特別で希少なクルマでも乗って楽しくないと意味がありませんからね!

この車であれば、所有する楽しさと一緒に走る楽しさも感じていただけることでしょう!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第138は2/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga