スタッフブログ

タイヤ交換をするのにも天候が大事!?

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

この間の火曜日は朝ご飯を作る気力がなく、

ショールームに用事もあったのでたまプラーザで優雅にモーニングをいただくことに!

モーニングだけ安いと噂のパンケーキやさんに行ってまいりました。

これいくらだと思いますか?

100円でした。

アイスコーヒーと足しても500円ほど。

休日の朝くらいちょっと贅沢をしても罰は当たらないかと(^^♪

いつもは読まない新聞の後半までしっかり目を通して朝食を終えました。

10時までこの価格でいただけるようですので、ご来店前の腹ごしらえに?おすすめです!

 

タイトルと全く関係の無いお話をしておりましたので、軌道修正です。

先日ご成約いただきました996カレラGT3。

実はタイヤがもう限界でございました。

ご納車後は東海地方まで自走で帰っていただく予定でございますので、

万全を期すためにタイヤ交換を実施でございます。

今回はお客様からご指定いただきましたミシュランパイロットスポーツ2 ポルシェ承認タイヤです。

2020年製造のタイヤでございます。

タイヤが届いたとき、ちょうど雨が降り始めましたのショールームに避難です。

昔ガソリンスタンドで働いていた時に、タイヤの内側は濡らしてはいけないと先輩から怒られた記憶がございました(;’∀’)

そんな思い出がよみがえってまいりました。

タイヤの内側が湿った状態ですと、取り付けた後で空気圧の変化をもたらす可能性があります。

空気圧1つで乗り味の変わるシビアなGT3ですから、このあたりは徹底しないと台無しになってしまいます。

また、内側を濡らすと内部の劣化を早めてしまうとか。。。

とにかくいいことはありませんので、濡らさないことが第一です!

まずはタイヤ交換を行ってから、テスト走行開始でございます。

 


友だち追加

オススメ記事