栗田の部屋

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

先日ブログにてご紹介させていただきました、

弊社の独自サービスBUY NOWでございますがさっそくご利用いただきました!

日本全国の皆様が対象のキャンペーンのご紹介です。

 

今回ご購入いただいたのはイタリアの高級車 マセラティ クアトロポルテSでございます。

奈良県のお客様で今回が初めてのご案内でございました。

過去に前期の4.2リッターモデルをお乗りだったI様。

この車両のことは知りつつも、やはり故障のリスクなどもご承知でいらっしゃいました。

そのあたりは、しっかりお電話にてご説明をさせていただき

今回は、弊社の自社保証をお付けしたプランにて安心してご購入いただくこととなりました。

 

お電話で実際にあったご質問をご紹介させていただきます。

内装のやれや臭い、べたつきはどうでしょうか?

さすがは前期モデルをご所有の経験をお持ちのI様です。

シートが傷みやすいことや、内装のべたつきの持病のこともご存じでございました。

当車両のシートは非常にきれいで、やはり低走行車両はいいなと感じる一台でした。

べたつきは対策されており、一部エアコンパネルにかけがあるもののこちらは乗ってみて気になれば直しますとのこと。

においなどは、私の感覚にゆだねられますが感じるものはなく、

灰皿の使用歴などもきっちり確認をさせていただき、ご紹介させていただきました。

 

やはりこの手の車両はエンジントラブルが怖いが、どうですか?

アイドリングも安定して言いますし、メカニカルノイズも出ていません。

タイミングチェーンを採用されておりますので信頼性も向上しており乗りやすい一台です。

やはりそこは神経質になるポイントとのことでしたので、自社保証のご案内をさせていただきました。

ご自身の目で確認されたかったそうですが、保証を付けることでご安心いただけました。

 

お次はタイヤでございます。

自動車には皆ついている定番の消耗部品です。

年式や残り溝、銘柄などご案内させていただきました。

実際にご覧いただくのとそん色がないように私共も客観的な視点で

車輌を評価しご案内させていただくように心がけております。

 

販売する側からすると、車両を見ずにご契約いただきご納車の時に初対面。

この瞬間が非常にドキドキします。

すべてお伝えしているつもりですが、言葉では表しきれないことや感覚的なところは難しく、、、

幸い、今のところはそういったことは一度もなく

むしろそんなに細かいことまで言っていたらクルマ売れないよ?とお客様からお気遣いいただいたこともございました。

顔も知らぬ人間から車を買うというのは、勇気のいることだと思います。

少しでもご検討いただけるお客様が買いやすいようにと始めたBUY NOW。ぜひご活用くださいませ。

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第142は4/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

最近は外出を控えなければいけない状況でなかなかお買い物にも行きづらい状況でございます。

私もこの前駅に用事があり出かけたのですが、人はいるものの明らかに少なかったです。

やはり影響は出ているのだなと、痛感しております。

皆様の周りは大丈夫でしょうか?

発症せずに広めてしまうケースもあるようでございますので、

一人ひとりそれぞれの自覚が最も大切でございますので、

つらい時期ではございますが、力を合わせて乗り越えていきましょう!

 

そんな影響は中古車業界も然りでございます。

弊社では一点物にこだわっておりますので、日本全国からお問い合わせを頂戴しております。

しかしながら、ご来店いただきにくいというお声を多数いただいております。

そこで、この状況を打開すべく

少しでも遠方のお客様にお求めいただきやすいようにサービスの強化を決定いたしました!

それがこちらです。

ご来店いただかずにご成約をいただいた方へ向けたサービスです。

具体的には、10万円のお値引きまたは陸送費用のサービスをさせていただきます。

ご遠方のお客様は陸送費用を気にせずにご購入いただくことが可能です。

または、近隣のお客様でもご多忙のためご来店が難しい場合は

10万円のお値引きをさせていただくことができます!

もちろん、電話やビデオ通話、メールなどできることは何でもさせていただきます。

しっかり、ご納得の上ご決断をいただければと思い始めました!

 

実はBUYNOWはこれまで多くのお客様にご活用いただいております。

HK様 沖縄県 2015年 ポルシェ911カレラ4(991)

M.W様 新潟県 1992年式 メルセデスベンツ300TE(S124)

Y.T様 兵庫県 1980年式 ポルシェ911SC(930) 

M.S様 北海道 2015年式ポルシェ911カレラ4S(type991)

北は北海道から南は沖縄まで日本全国のお客様よりご利用いただいておりました。

今回はそれに加えて、陸送費用のサービスまで追加です!

もちろんどちらをお選びいただくかはお見積りを見ていただいた後で問題ございません。

横浜市内のお客様でも陸送費用サービスというのもありです?

これまでにいただいたお客様の声こそ信頼の証と受け止めております。

ちなみに上記の4名のお客様方は、皆様初めての方ばかりを記載させていただきました。

ご不安に思われることもあるかもしれませんが、まずはお話をさせていただき

ご不安が解消できましたら私共にお任せいただけますと幸いでございます。

どんな時でもクルマ好きはクルマ好きでございます。

より刺激を得られる楽しい相棒として気になる車があれば、お気軽にお問い合わせくださいませ!!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第142は4/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

先日都内のオーナー様より直接お譲りいただいてまいりました。

私の大好きなSL55AMG。

しかもモデル末期の中期パワーアップモデルでございます。

詳細はこちらから

弊社にはもう一台中期のSL55がございます。

もう一台はフルオリジナル。

一方で、当車両はカスタム車両です。

しかしそのカスタムのセンスが素晴らしいためについつい見に行ってしまいました。

案の定素晴らしく、お譲りいただくことになりました。

そんなお手本のようなSL55のカスタム車両をご紹介させていただきます。

 

前提として前オーナー様はR230フェチです。

当たり前のように選ばれたベースは2007年モデルのみの中期パワーアップモデル。

カーボンインテリアが標準装備でございます。

普通ではないくらいに愛され、大切にされ、理想を持っていらっしゃいました。

しかし、この度ご家庭の事情でやむを得ずお手放しということになりました。

私が好きなものですからついついご相談いただいた次の日にはお譲りいただいておりました。

何年たとうと、私もSL55オーナーでしたから( *´艸`)楽しいお話ができました!

 

そんなこだわりのSL55をご紹介させていただきましょう!

SL55はまず耳で楽しみましょう。

V8エンジンかつほぼ等長に調整されたエキマニからきれいに発せられるそのサウンド。

たまらんです。

マフラーはSL65の本物をチョイス。

今は相当高額で取引されるようになった代物です。

中間パイプにはミラクルマフラーを装着することで可変式のサウンドを実現です。

屋根を開けた時にはぜひ全開モードで駆け抜けたいものでございます。

屋根といえば、、、レバーをずっと触っていないと動作しないのが珠に瑕でしたが

スマートトップというアイテムを装備することでその悩みからも解放です。

窓を開けるようにワンタッチでオート動作です。

 

さて、見た目の部分に行きましょう。

目を引くのはAMGスタイリング4ホイールです。

当時のど定番ではございますがやはりかっこいいですよね~

ホイールはこれかブラバスのモノブロック6か、、、カスタムとなると実に悩ましいです。

いずれにしても変なものはつけたくありませんね!

シルバーのAMGキャリパーが程よく見え、スーパーカーらしさを見せつけてくれます。

細かな違いですが、トランクスポイラーも装備です。

レーシーな雰囲気がプンプン匂ってきます。

機関係は基本的には純正です。

これぞ完成されたAMGに対する礼儀、リスペクトでございます。

ライトスイッチ付近におごられるのは、スプリントブースターです。

いわゆるスロコンです。

電子スロットルが主流となり、機械側で適正に制御されるようになりました。

それゆえにレスポンスの悪さというのが発生してしまいます。

それを解消するのがスロコンです。

消灯:ノーマルモード

緑:レスポンシブ

赤:過激

ざっくりこんな感じのモードを分けて遊ぶことができます。

どんなに車に興味がなくても、ノーマルと赤との違いは一目瞭然というほどに劇的変化です。

 

内装はすごくきれいで、シートの擦れもほぼございません。

保管は地下駐車場でしたので、全く問題もなく。

臭いはもちろんR230臭です。

たばこは吸われない方でしたし、芳香剤やペットの乗車も無しです。

SLフェチであれば、ぜひこれは行っておきたい一台です。

丸目SLには根強いファンが多くいらっしゃいます。

この年式のクルマにしては根強いファンがいるなんてすごく珍しいことなのです。

そんな世界に入ってみたいという方は、ぜひこのクルマ一択ではないでしょうか!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第142は4/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

昨日の991に続けてダウンサイジング前の人気モデルが入庫でございます!

今回は珍しく、イタリアの名門マセラティの定番クアトロポルテのご紹介です。

詳細はこちらから

昨日の991と同様にこの次のモデルからはダウンサイジングターボエンジンを採用します。

NAならではの素直なふけ上りは楽しめなくなるのです。

4.7リッターのSだからこそのトルクと俊敏性、そして突き抜ける気持ちよさがございます。

非常にきれいな状態を維持しているエンジンルームは保管環境の素晴らしさがうかがえます。

樹脂カバーの下もきれいな状態でございました。

この時代のマセラティといえば、このインテークマニホールドが象徴的ではないでしょうか!

らしくていいですね(^^♪

イタリア車の魅力は走りだけでなく居住空間にもございます。

ブラウンをベースにベージュとツートーンで仕上げられた内装は、

温かみとおしゃれな雰囲気を存分に感じていただけます。

柔らかいレザーでありながらもダメージを受けていないシートは大変魅力です。

座った時の感触はドイツ車のそれとは違う志向であることがうかがえます。

もちろんウッドの状態もきれいでございます!

居住空間のすばらしさつながりでいうと、ガラスに注目したいです。

室内の静寂性は目を見張るものがございます。

スピーカーもボーズのものが採用されておりますので中の音はきれいに響き、

外の音はシャットアウトという素晴らしい作りでございます。

さすがは、最高級セダンでございます!

 

話が変わりますが、また別のポイントで驚きがございました。

リアトランクです。

この手の色のカーペットは汚れやすいのが定番ですがこの状態です。

ゴルフバッグを乗せただけでも汚れてしまう代物ですが、このクルマはきれいです。

些細なことですが、こういうポイントがあるから中古車はやめられません!

中古車の魅力というのは、車そのものもさることながら、

どれだけ大切にしていただいていたかということも大きくかかわってまいります。

イタリアの誇る最上級セダンという選択。

こだわりのNAエンジンで気持ちよく轟かせてみませんか!

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第142は4/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

これはこれは非常に珍しい一台を探してまいりました!

911の歴史において最後のNAエンジンを搭載しているのがこの991の前期モデルまで。

今やフェラーリやマセラティなどを見ても、

ダウンサイジングターボの後継モデルと比べて先代モデルのほうが高額になる

「逆転現象」が発生しておりますので、911も楽しみなところでございます(^^♪

今回ご紹介させていただくのは、NA最終モデルの中でもごく僅かだけデリバリーされた

7速マニュアルのトランスミッションを有するこだわりの一台でございます。

マニュアルで7速もあると非常に楽しいです。

言ってしまえば不必要なのですが、その無駄が面白いのです。

そもそもこの911自体ぜいたく品で趣味の乗り物ですから、面白いと思えるものに乗っていただくべきですね!

無駄に変速をしてしまうこの気持ちをどうかわかっていただけないものかと。

7速ミッションに対してトルクフルなエンジンですので、

街中であれば転がれば2~5速であればどれでも走れます。

街中で飛ばさずに楽しめるなんてよくないですか?( *´艸`)

 

さてさて、マニュアルだけがこのクルマの売りではございません!

カップエアロキットがおごられたエクステリアは何ともスポーティ!

純正のオプションゆえにそのフィット感は素晴らしいです。

黒いボディに赤いキャリパーとレンズが映えます!

こんな模型のようにかっこいい一台でございますが、

走りを楽しむための遊び心も忘れてはおりません!

定番のスポーツエギゾーストです。

中回転域以降の官能的なサウンドは非常にしびれます!

ノーマル状態でも十分いいのですが、スカッと走りたいときにはぜひご活用くださいませ。

また、オプションのスポーツシートも完備です。

この時代では珍しく、前後は手動シートです。

手動シートには大きなメリットがございます。

それは乗り降りが非常に楽ということ。

これは所有していただければお判りいただけるでしょう。

さらには、こだわりのサンルーフレスです。

サンルーフはあると快適なのですが、天井が低くなり重量も増します。

お好みの分かれるポイントですが、剛性の高さを求められたのでしょう。

見ていると、なんだか空冷ポルシェのオーナー様がオーダーされたのではないかなと

錯覚してしまうようなこだわり方でうれしくなってしまう一台でございました。

本日より展示スタートでございます。

気になる方は、まずお早めにお問い合わせくださいませ!

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第142は4/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

まだまだ日本は暗いニュースが多いので、気持ちが明るくなるニュースを!

最近一気に暖かくなりましたね!ということで、

近所の桜が咲いており、撮影をしている方がいらっしゃったので私も。

個性的な枝垂桜でございます。

小学生のころ枝垂桜のよくライトアップされた様を見たときに魅了されてしまい

それ以来枝垂桜ファンでございます?

季節の変化というのは非常に喜ばしいことでございます。

外出自粛のムードがございますが、暗いことばかりではございませんので力を合わせて乗り越えましょう(^^♪

 

さて、昨日は満を持して北海道のお客様へお車をお納めさせていただきました。

今回は北海道へドライブを兼ねて自走で買えられるということでございました。

なんと魅力的なたびでしょうか。

すでにマカンをお持ちでポルシェの操作には精通されていらっしゃいましたので、

操作のご説明はさらっとで終了ですぐに港に向けてご出発されました。

夕方にご連絡した時にはちょうど乗船されたということで安心いたしました(^^♪

S様、この度はありがとうございました!今後ともよろしくお願いします。

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第142は4/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

先日入庫したジャガーXJSが私の気を引き続け止まない今日この頃です。

毎朝ショールームを開けるたびに、このXJSが視界に飛び込んできます。

これまで多く扱っていたドイツ車とはまた違った、イギリス車の魅力がございます。

イギリス車を代表する車といっても過言ではないジャガーXJS。

今回はその魅力について、ご紹介させていただきます。 詳細はこちらから

ジャガーXJSは、マイナーチェンジこそ行われてるものの

単一モデルとして、1975年から1996年まで製造し世界各国で愛されてきました。

その長い年月で最後に行きついたのが、このV型12気筒6.0リッターエンジンでございます。

ジェントルな乗り味かと思いきや、踏み込むと気持ちよく老けあがるこのエンジン。

おとなしい人が怒ると一番怖いとよく言いますが、それに似たギャップを持つ車です。

足回りも同様で、例えば911であればある程度の足の硬さがあって当たり前で、

もちろんこのXJSはそこまで硬いわけでもございません。

しかし、コーナリング時の初動こそ柔らかいものの、踏ん張りは一級品。

リアには片側2本ずつサスペンションを有すだけあり、完成された印象でございます。

 

乗り味だけでないのがこのジャガーXJSの大きな魅力です。

それは、見た目です。

ボディのプレスラインと各所の曲線。

メッキも非常に光沢があり焼き付きも見受けられません。

フェンダーのアーチすらも美しく、まさに芸術品です。

リアガラスの形状も現代のクルマではコストの面でこのような形はまず作られないでしょう。

そして、空力を考慮したルーフからリアクオーターにかけてのボディライン。

美しすぎます。

無駄がなく非常にきれいに仕上げられておりますので、実際に見るとまた印象が変わります。

ルーフも丸みを帯びていてクラシカルな印象がたまりません。

本当にいくら見ても飽きないクルマで、見る角度によっても感じ方が変わるのです。

まさに、美術館で彫刻を眺めているようなそんな感覚に近いかもしれません。

 

内装は、圧倒的にコストがかけられていることが手にとってわかる仕上がりです。

シートは堅めのレザーです。

90年代後半くらいからはイギリス車のレザーは柔らかく、傷みやすいものが多くなります。

このクルマはそうなる前の逸品。

あと20年はノーメンテで乗れそうなこのシートは、圧倒的です。

革の耐久性もそうですが、太いく強い糸で縫われていますので、

糸のほつれなども一切なく、しっかりした印象でございます。

またウッドもぜひご紹介させていただきたいです。

ご覧ください!このえげつないほどにきれいな木目。

グレーの内装と合わせて非常に高級感とクラシカルな印象を与えてくれます。

艶やかなウッドは、見るものを魅了します。

操作には関係のない部分ですが、つい手を触れてしまします。

乗っているだけで、自分が貴族にでもなったのではないかと錯覚してしまうほどに

このクルマには独特の世界観を感じさせる力があるのです。

名車名車といわれて興味をお持ちの方もいらっしゃることと存じますが、

一つの工業製品としてこのクルマと向き合っていただくのもまた面白いのではないでしょうか。

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第141は3/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

弊社の前を通る方がトイレットペーパーをもって歩いて行かれました。

数人の方が同じパッケージのトイレットペーパーを持って歩いて行かれたので

これは!とお昼休みに近所のドラックストアに走っていったところありました!!

店員さんに聞いたところ、やっと普通に販売できるようになったそうですが、

お昼過ぎには売り切れてしまうとか。

本当に必要な人にいきわたっていればいいのですが、買い占めはよくないです。

私も仕事が終わることにはドラックストアは締まっており、買うことができていませんでした。

実は自宅のストックは最後の一個でした。

危うく実家に助けを求めに行くところでした( ;∀;)

 

さて、ご納車に向けて準備中の991カレラ4Sにナンバーが届きました!

2020年初の札幌ナンバーでございます。

そう、当車両は北海道のお客様にご購入いただいた一台でございます。

実写を見ずにビデオ通話でご決断いただきました。

そのため、私もオーナー様にお会いしておりません。

今週お会いすることになりますので、緊張でございます。

S様、あと少しでございます!隅々まできれいにしてお待ちいたしております!

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第141は3/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

本日は、久しぶりに入庫いたしました997カレラのご紹介をさせていただきます。

詳細はこちらから

997は、この空冷911らしい丸目を取り戻した今人気のモデルでございます。

見た目はさることながら、そのシャーシの完成度に私は強く魅力を感じております。

速度感覚が狂ってしまうほどに安定している走行性能は、大きな進化と感じられます。

直進安定性が増しておりますので、非常に安心してロングドライブをお楽しみいただけます。

ロングドライブといえばシートにも注目したいところです。

このシートはより疲れづらくなりました。

そして、傷みづらくもなりました。

ロングドライブが多い方にはシートというのは非常に大切です!

さらにステアリングも前後調整だけでなく、高さの調整ができるようになりました。

そのため、997世代以降は非常に身体に合ったセッティングでお楽しみいただけるようになりました。

奥様受けが良くなったのもこのステアリングの恩恵でございます!

センターコンソールは996時代にはウィークポイントでした。

傷がつきやすかったためです。

997ではそれが改善されたこともありがたいポイントでございます。

 

さて、911といえばやはり伝統的なこのフォルム。

独特なデザインだからこそ着こなすことができる、スピードイエローです。

普通のセダンがこの色ではちょっと、、、という感じですが、911であればありです!

むしろ911だからこそこの原色系でバシッと乗っていただきたいのです。

初めての911だからということで無彩色なカラーを選ばれる方もいらっしゃいますが、

初めてだからこそ911らしい色がいいのではないかなと。(^^♪

リアエンブレムには、Carreraの文字が!

ナローの時代から伝統的に冠される911だけの称号です。

近代的なポルシェであっても、昔からの伝統はきっちりと受け継がれております。

それは、見た目だけではございません!

伝統の5連メーターでございます。

ボクスターやケイマンは3連メーターです。

5連が許されるのは、この911のみなのでございます。

ブラックの文字盤は内装と相まって、よりスパルタンな印象を与えます。

厳かな内装は、ぐっと気が引き締まる空間です。

 

一方で、近代的な装備も充実です。

最近は必需品となっているバックカメラを完備です。

あるに越したことはないでしょう。

私はいまだにドアを開けてバックする派なのですが、

最近は時代の流れとともにカメラを使えるようになってきました。

また、今の時代のマストアイテムといえばこちらもです!

そう、ドライブレコーダーです。

今の時代は何が起こるかわかりませんからね。

ドライブというのは安心の上に成り立つものでございます。

常に安心できる環境をご用意させていただきます。

さらに、911にも減衰力が自動で変化するPASMも忘れてはいけません!

スポーツクロノパッケージよりも恩恵の大きい逸品です。

ワインディングを楽しむ方には、ぜひこの違いを感じていただきたいものでございます。

さあ、魅力的な997カレラ!魅力的なプライスでご案内させていただきます!!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第141は3/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

久しぶりに前期モデルのSL55が入庫いたしました!

すでにホームページをご覧いただいてお問い合わせも頂戴しております。

さすが、SLフリークはやることがおはやいです!

このR230のSL55は私もすごく思い入れのある車でございます。

2年前には乗っていたのですから。

本当にいい車でございました。

非日常の刺激がそこにはありました。

V8サウンドを轟かせ、毎日の通勤から休日のドライブまでこの一台ですべてをこなしておりました。

本当に懐かしいです。また乗りたいなと思えるクルマです。

このシートも疲れなくていいんですよね(^^♪

なぜ手放したかというと、皆様ご承知の通り、利便性の乏しいことです。

これ一台で!というとちょっと難しかったのです。

セカンドカーや日常的に自動車に乗られない方にはきっといい刺激になる一台でございます!

元オーナーが言うのですから間違いございません(^^)/

 

さて、当車両についてもご紹介させていただきましょう。

当車両は、2007年この前期モデル末期に作成されたラストモデルでございます。

このモデルには多くの特徴がございます。

まずはカーボンインテリアです。

通常は銀色の化粧パネルが装着されておりますが、この年だけはカーボンです。

一気にスーパーカーの雰囲気が漂ってまいりますね。

ブラックカーボンでございますので、シックで、スポーティで印象のいい仕上がりです。

走行距離は、なんと驚きの4万キロ未満です!

このメーター、この車内の香り、すべてが懐かしい。

本当にSLに乗っているんだなと感じられるポイントってすごく多いのです!

ついウルっと来てしまいます。

 

さて、当車両が2007年モデルであるということもぜひご紹介させていただきたいです。

この年のモデルにおいては、馬力がアップしているのです!

魅惑の517psでございます。

上の伸びがより気持ちよくなっており、トルクも同時に向上しています。

そのため町中の乗りやすさも向上しております。

2007年の特別装備の目立った部分はこちらです。

5本スポークホイール。

三本のフロントグリルもこのモデルのみ!

フロントフォグにメッキリングが入るのものこの年のみです。

2007年モデルは同じSL55でも細部が異なる通好みな一台でございます。

長く乗るのであれば、プレミアムな07モデルが断然おススメでございます。

SLらしい気軽に屋根を開けて走ることができ、屋外でも安心して駐車できる。

安心のメタルトップを有した車両ですので維持もしやすいです。

ああ、私もまたSL55で御殿場までフラッとドライブなんてやりたいものでございます。


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第141は3/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga