ガレージカレント新入庫車

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

緊急事態宣言が解けたからといって遠出推しているわけではありませんので(;’∀’)

それだけ最初にお伝えさせていただきます。。。

秩父の親戚の家に物も引き取りに行くがてらドライブへ行ってまいりました。

久しぶりの遠出でわくわくでございました。

私が大学生のころに一世を風靡したアニメの聖地ということで、

俗にいう聖地巡礼をしてまいりました。

アニメの舞台を実際にある土地にすることで、

その地域の観光客の増加に一役を買うという経済効果があるみたいでございます。

ドラマで東京タワーが映ったら見に行きたくなってしまうような感覚です。( *´艸`)

私的に、秩父といえばこの名物は食べておきたいところです。

野さかさんの超有名などんぶりです。

ドライブで疲れた体には栄養です!

バイクツーリングのお決まりルートにもなってる超有名店です。

こんな時期でも間隔を開けて行列ができておりました。

秩父へ行かれる際は、ぜひ寄ってみてください。おすすめです!

 

そういえば昨日のブログでもご紹介させていただいた500SLですが、

全枚数画像の掲載を完了いたしました!

う~ん、、、やっぱりいいクルマはいいですね。

そういえば久しぶりに私撮影しました。

写真撮影をしていると、どんどんいいところが見えてついつい好きになってしまいます。

我を忘れ撮っていたらいつもより10枚も多くなってしまいました。

クルマ好きにはこの撮影という儀式は割と楽しい時間です(^^)

こんなR107久しぶりです!

詳しくはこちらからご覧下さいませ。→https://www.garagecurrent.com/car/70319/

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第149は7/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

最近事務に行くタイミングをうかがいすぎていけていないので、

そろそろ退会して自分の家にちょっとした機材でも買おうかなと思っている私です。

同じ悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

調べてみると会費6か月分くらいで諸々揃いそうな雰囲気でした。

そうなると問題は場所です。。。

あこがれのホームジム、、、作られた方がいらっしゃればぜひ教えてください(^^)/

 

昨日はたいへん魅力的なR107が久々に入ってまいりました。

4-5か月ぶりでしょうか。

たいへんご無沙汰でした。(;’∀’)

内容をざーっと書いていきます。

1989年式

フルパワーモデルの500SL

もちろん新車並行車両。

排ガス規制の影響を受けない本物のR107

4人乗り仕様であることも500SLの魅力でしょう。

当車両は珍しいブルーブラックのボディにブラックレザー、

そしてブラックの幌とバシッと決まった仕上がりです。

外装は、AMG3ピースホイールとH&Rサスで上品に仕上げていただきました。

ステアリングも小径のAMG4本スポーク。これ手に入らないんですよ、、、

R107を見ていく中で気になるポイントBEST5!!

1位 幌のコンディション → めちゃくちゃきれいです!

2位 オートマ →ショックやタイムラグ無し。まるでOH直後のようです

3位 エアコン →オーナー様快適に昨日乗ってこられました。ばっちりです!

4位 ダッシュボードの割れ →ございません

5位 そういえば純正部品は? →保管ございます。

 

直近整備ではステアリングギアボックスの交換やブッシュ類のリフレッシュなど。

運転したフィーリングはまさに完成されておりました。

今回は、乗る機会の減少ということで3台乗り継がれた集大成のR107を

委託販売にてお任せいただくこととなりました。

R107フリークが最後に行きついた上がりの一台です。

YANASE整備の素晴らしいコンディションでございます。

詳細な画像は本日掲載予定でございます~( *´艸`)

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第149は7/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

先日入庫した997カレラ4GTSの足元にはセンターロック式が採用されております。

通常のポルシェであれば、5本のボルトで固定されているホイールですが、

このGTSにおいてはレーシングカーさながらのセンターロック式が採用されております。

そもそもセンターロックはレーシングカーがコンマ一秒を争う世界で

タイヤ交換の時間を削減するために生まれた技術でございます。

確かに交換の時間は1/5以下まで削減はできるのですが、

その分コストがかかってしまうそうで、そのために4穴や5穴のホイールが主流なのだそうです。

今や市販車でもハイエンドモデルには装備されることになってきたこの技術は

もはや避けては通れぬ時代になってきたのかもしれません。

センターロックは知らないから嫌煙されてしまうことがございます。

しかし、知れば怖くないということをご説明させていただきます。

 

都市伝説のような話ですが、、、センターロックはディーラーでしか外せないと思ってはおられないでしょうか?

実はそう思われている方もいらっしゃるようでございます。

しかし、そんなことはございません。

この純正のアタッチメントさえあれば、脱着は可能になります。

しかし、一筋縄ではいかないのが憎いところです。

通常5本のボルトで固定するところを、1本で担うのです。

ものすごいトルクで締め付ける必要があり、1メートル近いレンチを使用しなくてはいけません。

そのような工具さえ持っていれば逆に脱着はできてしまうのです。

 

ちなみにこのアダプターは、ここにあります。

かなり高価な部品ですのですが、もし入っていなければぜひご購入をおすすめいたします。

いざというときに外せなくなってしまうからです。

せっかく魅力的なセンターロックですから、それをデメリットにはしないよう

事前の確認と準備が必要ということでございます。

それさえクリアできてしまえば、あこがれのレーシングカーさながらの

センターロック式ホイールが手に入るのです!

回転しているときにセンターロックかそうでないかで見え方が大きく異なります。

これだけでクルマを選ぶわけではありませんが、やっぱりかっこいいに越したことはないですよね!( *´艸`)

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第149は7/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの又賀です。

先日公開させていただいた997カレラ4Sはすでにご覧いただけましたでしょうか。

当車両の一番の特徴はなんといっても純正のカップエアロキットが装着されていることでしょう。

市場を見てみてもこのエアロキットが装着された車両は台数が少ないです。

フロントバンパーだけでなくリップも装着しリアには大型のウィングがございます。

通常の997とはガラッと印象が変わり、よりスポーティーな印象です。

そして当車両は外装だけでなく内装もスポーティーです。

スポーツシートが選択されているだけでなく

スポーツクロノパッケージに気分が変わるスポーツエグゾースト。

もちろんスポーツデザインステアリングもございます。

ここまでしっかりと揃っており、走りを楽しむには最高の車両ではないでしょうか。

スポーツシートはホールド感が増すことで疲れにくくなるのも魅力です。

ぜひこの車両で長距離のドライブもお楽しみくださいませ。

たくさんのお問い合わせお待ちしております!

スポーティーな997カレラ4Sの詳細はこちら!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第149は7/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

昨日は燃える一台が入庫いたしました!

ボクスターの最高峰モデルであるGTSでございます!

これはたまらんですよ~

定番カスタムのGTSテールもこのクルマにおいては純正なのです。

ブラックアウトされたインナーがグッと引き締まって見えます。

このGTSは内装がまさに芸術品といってもいいほどにかっこいいのです。

初めて実物を目にしましたが、かなりのお気に入りでございました。

ブラックをベースに赤いアクセントが目を引く統一されたルックスです。

カーボンやレザー、アルカンターラとふんだんに使用された高級素材。

特にステアリングの触り心地は、、、たまりません!

オプション満載でございますので、電動格納ミラーやスポーツエギゾーストは標準装備です。

カーボンのパネルも非常にきれいな状態を維持しており、

ついつい触りたくなってしまうような素晴らしい艶感です。

ブレーキキャリパーもレッドになり外装の統一感も得ております。

そして何よりも走った感覚は非常に面白かったです。

NAらしい素直なフィーリングとミッドシップレイアウトされたエンジン。

クルマの重心を常に意識しながらもどこからでもきれいにふけあがります。

お楽しみ要素満載の最強GTS、本日撮影予定でございます。


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第148は6/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの又賀です。

昨日ブログでもご紹介させていただいた996GT3ですが

撮影が完了し詳細な画像を公開させていただきました。

ぜひご確認くださいませ。

状態抜群で音が最高な996GT3の詳細はこちら!

当車両の一番の特徴はクライスジーク製のマフラーでしょうか。

リモコン一つで気持ちの良い音に切り替えることができます。

一度このサウンドを耳にしたら病みつきになること間違いなしです!

しっかりと純正部品も残っておりますので

GT3特有のサウンドをお楽しみいただくことも可能でございます。

弊社にて交換も行えますので気分を切り替えたくなった際はぜひご相談くださいませ。

 

さて続いてはこちらの車両についてです。

あまりの状態の良さに仕入れてしまったCL600です。

外部の査定機関にも見ていただきましたが評価点は圧巻の5点です!

内外装どちらも素晴らしい車両ですが見た目だけではありません。

記録簿もしっかりと残っており機関系も抜群です。

記録簿は14枚!

整備のおかげもあって乗り心地も抜群です。

どうしても発生してしまうボタン類のべたつきまで対策してあるのです。

一目みていただければきっと気に入っていただける。

そんな素晴らしいコンディションでございます。

百聞は一見に如かず。

ぜひ現車をご確認にお越しくださいませ。

どこを見ても素晴らしいCL600の詳細はこちら!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第148は6/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

過去に販売させていただいた996GT3が帰ってくることとなりました。

今回は増えすぎてしまったコレクションの整理ということで、

ご相談をいただき一番私が今欲しいと思ったGT3でご検討いただきました。

今こんなに条件のそろった996GT3後期モデルはまずないでしょう。

そんな一台が入庫でございます。

この車両の驚くべきはコンディションです。

前オーナー様は弊社でもお付き合いの長いユーザー様でした。

オフィス街の地下に大事に保管されていた車両です。

その方がお手放しになられて今回のオーナー様でございます。

今回もまた厳重な駐車場にて保管していただいておりました。

そのため見た目の部分は申し分ございません!

安心して乗っていただくことができます。

さらにバケットシート装着車両というところも魅力でございます。

スポーツシート装着車両が多い中、ここ最近は人気のバケットです。

ヤフオクの中古価格を見ても驚きのプライス!ついてて損はなさそうです(^^♪

さらにはクライスジークのマフラーが最高のサウンドを奏でます。

スイッチ一つで別のクルマのように表情を変えるGT3

ここから先は実際に見ていただかないと感じていただくことは難しいです。

実に魅力的な車両が帰ってまいりました。

クラッチの交換歴もある魅力的なGT3でございます。

スピードイエローの刺激的なカラーでお楽しみくださいませ。

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第148は6/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

昨日はガレージカレント初となるダウンサイジングターボ世代の911が入庫いたしました!

全部盛りGTSは贅沢でございます。(^^♪

この車両の詳細はこちらから

白黒赤の三色を最もかっこいいであろう組み合わせでチョイスされた一台。

内外装ともに統一された世界観があり、格別の仕上がりでございます!

上半分をブラックレザー。

下半分とシートをカレラレッドという組み合わせです。

2トーンの組み合わせはセンスが大事ですがこれは素晴らしいです!!!

実際に見るとさらにオーラがございます。

シルバーのアルミパネルもアクセントになり非常にレーシーで高級感があり、

まさにGTSにふさわしい仕上がりとなっております。

このボタン。

クルマの性格をガラッと変えてしまう、危険なボタンです。

ギアを一段落とし、一気に加速させます。

ワイドボディのGTSならではの安定感ですが、街中では封印をおすすめいたします。。。

ダウンサイジングターボのポルシェは、、、と賛否両論でございますが、

それでもいえることは最新のポルシェこそ最良のポルシェです。

有無を言わさぬその速さは認めざるを得ません。

オプション満載のGTSですが、このオーナー様はさらにオプションを選択します。

スペシャルレザーインテリアはもちろんのこと。

シフトノブも。

アルミギアレバーというオプションで、これだけでも数万円、、、恐ろしや。

さらにステアリングの根元のコラムの部分。

この画像でいうと左端の箱の部分は通常樹脂ですが、

レザー仕上げのオプションが選択されております。

スポーツシートのヘッドレストには、エンボス加工。

サンルーフもございます!

こういうオプションが選べることこそGT3ではなく、GTSを選ぶ理由ではないでしょうか!

さらにこの車両はワンオーナーです。

新車時の保証継承も可能ですし、ご希望があれば延長保証もご案内可能です。

なお、延長保証のお手続きについてはご購入者様から直接ポルシェセンターへの申請が必要となります。

ポルシェセンターとの一回目のご挨拶として、延長のお申し込みをされるのもいいかもしれませんね!

すべてを盛り込んだGTSは本日よりご案内可能でございます。

早い者勝ちの最高の一台です!ぜひご検討くださいませ。


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第148は6/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの又賀です。

お待たせいたしました。

ディーラーにて整備を行っていた997カレラSカブリオレが戻ってきたため

撮影し画像を公開させていただきました!

当車両はすでに点検、整備をディーラーにて終えている車両のため

弊社で扱っている他の車両よりも早くご納車が可能でございます。

もちろん整備済みのため機関系は抜群です。

また、この車両の特徴は様々なところがイエローになっていることでしょう。

ホイールやメーターをはじめシートベルトやエアコンの吹き出し口の周りなど

細かなところにも差し色としてイエローが入っています。

内装色のネイビーとマッチし非常におしゃれでかっこいいです。

一見派手なように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが

現車を見ていただければ派手という印象よりもオシャレという印象に変わることでしょう。

ご興味お持ちいただけたかたはぜひお問い合わせくださいませ!

イエローが魅力的な997カレラSカブリオレはこちら!


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第148は6/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

完全なるスポーツカー党である私。

911とかAMGとかMとか、、、そのあたりを好んでおります。

自分が所有するのであればクラシックというよりはネオクラシックなスポーツカー。

そんな風に考えておりましたが、価値観をガラッと変える一台と出会ってしまいました。

昨日公開したばかりの、CL600でございます。

前期モデルの最後の年式です。

その特徴はNAエンジンのV12気筒エンジンというところです。

エンジンのフィーリングに対してきれいという感情を抱いたのは初めてです。

12気筒すべてが無駄な振動を打ち消し、最も効率よく回るのです。

運転者には回転数の感覚などありません。

どこまでも回るようなシルキーでスムーズなエンジンフィーリング。

モーターに近いほどにパワーの出方がきれいなのです。

高いセルモーターのクランキング音から初爆そしてアイドリング。

すべてに他との違いがあり、初爆のぶおおおんの瞬間はもうたまりません。

 

そんな素晴らしいCL600が極上の1万キロ台で入庫することとなりました。

ウッドもきれいで何も文句のつけようのない車両です。

エンジンの不具合もABCの不具合も全くございません。

タイヤも2017年式でこのまま乗っていただけますし、

車検は令和4年4月までついている車両です。

こんなに素晴らしい状態で乗り出せるCL600が今ここにあるのです。

 

このCLというクルマ。

実は強く興味を持ったことはありませんでした。

今回ここまで素晴らしい個体と出会い、見ていく中でその魅力にとらわれてしまい

ガレージカレントの商品としてご案内させていただくこととなりました。

コンディション、性能、保管環境 すべて条件が合いました!

クルマの価値観が変わる一台でございます。

当時買うことができなかった方、必見です。

 

ちなみに、CLに関してはこれから勉強をもっとしなくてはいけない身の私ですが

今回触れていく中で非常に魅力に思える箇所が二つございましたのでご紹介させていただきます。

まずはこちらのメーターハウジングです。

最上級グレードにおごられるレザーのダッシュボードとハウジング。

その継ぎ目のステッチになぜか魅力を感じてしまいました。

こういったデザインは手間がかかります。

意匠を凝らしたこの味わいが何とも言えない趣を放つのです。

そしてもう一点はドアのヒンジです。

ダブルヒンジ構造になっております。

CLはロングボディのクーペです。

そのためドアも非常に長く、乗り降りの際気を付けなければいけません。

通常のヒンジ構造であれば大きくドアを開くところを、

二段構造のヒンジを用いることで、省スペースで乗り降りができるように改善されております。

このやさしさにキュンとしてしまいました。

こんなCL600いかがでしょうか。

本当にきれいですので、新車当時にショールームでご覧になられたあの車が

そのままタイムスリップしてきたかのような感覚をお楽しみいただけます。

本日より展示スタートです。気になる方はお早めにお問い合わせくださいませ~


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第148は6/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga