スタッフブログ

『きれいさっぱりオイル漏れの不安から解消されよう!』

かっこいい、憧れ、個性的、拘り、スポーツカー、車


さあ、今あなたの脳裏に連想されるのは?

少しだけ時間とりましょうね。

チッチッチッチ・・・・

当然、このページをご覧いただいているあなたの頭には、
ポルシェ911、しかも空冷モデルのタイプ964が浮かんでいるはずです。



いいですよねぇ、964。
1964年から連綿と続いたカエル顔911の最後を飾る名車ですから。
そのコンパクトなボディーサイズは、「ポルシェを着る」なんて表現されますが
まさにその言葉通り、大柄な人には窮屈に感じるほどのコクピットに体を収めれば、
ポルシェを着るという感覚が文字通りぴったり。
もちろん、ただタイトな車内ということではないです。
路面からの入力がダイレクトに、素直に伝わってくる。
そして、あなたの車への入力が素直に伝わっていく。
そういった意味で、まるで着ているかのように手足のような感覚で
走ることを純粋に楽しむことが出来る。
そんな車ですよね。



そして、におい。
当時のポルシェは、色々な独特なにおいが感じ取れます。
ひとつは排気のにおい。
空冷時代ならではの独特なこのにおい。
懐かしさすら感じさせます。
もうひとつは車内のにおい。
素材や接着剤などのにおいなんでしょう。
うっすらあまーいにおいが漂います。
これも懐かしい感覚にさせられます。
それから通は、見た目にもにおいを感じるはず。
この柔らかなスタイル、力強い躍動感、主張しすぎない存在感。
あなたはどんなにおいが感じ取れますか?



でも、でもでもでも。
空冷ポルシェといえば『オイル漏れ』!
オイル漏れといえば『空冷ポルシェ』!
というくらい、あまりポルシェに詳しくない方でも、
「空冷ポルシェはオイル漏れに気をつけろ」と刷り込まれているはず。
あなたも例外ではないでしょう。



このオイル漏れ、実にしっかりと発生します。
オイル漏れ当たり前。
オイル漏れ修理100万円。
オイル漏れは即エンジンオーバーホール。
オイル漏れ修理200万円。
オイル漏れは悪。
まことしやかに、こんな情報を聞いたことがあるのではないですか?



かっこいいし、憧れだから一度は乗ってみたいけど、
そんな修理に100万円も200万円もかかるような車を買うなんて、
お許しが出るはずないよなあ。
仮に買えたとしても、いざ修理必要になってもそんな大金すぐにはねえ。。。



確かに、964のエンジンはオイル漏れが発生しやすいのも事実。
ですが、その大半は、エンジン本体というよりも、オイルラインと呼ばれる、
ゴムのホースや、エンジンについているセンサーのパッキン、
チェーンケースカバーのパッキン、タペットカバーのパッキン、
このようなところからのものが多いんですね。
中には、スルーボルトと呼ばれる部分や、シリンダーのベースパッキンなど
エンジンを下ろして、ヘッドを外したり、ブロックを割ったりしないと
対処できないものもあります。
このような部分になってくると、エンジン開けるんならついでにオーバーホールも
しておきましょうねという話になってくるわけです。
そうすると、100万円-200万円程度の費用がかかってくるようになるんですね。



じゃあ、やっぱり空冷ポルシェはお金かかるんじゃないか?
となりますね。
まあ、長期にわたって10年愛でるのであれば、
いずれはオーバーホールも必要になることでしょう。
ただ、購入して、1年、2年でそのような事態に陥ることだけは避けたいですよね。
あなただけではなく、私も車買うならそういうリスクはなるべく避けたいです。
それでも5年、10年と長期間乗っていく中では、大掛かりなメンテナンスは覚悟しないといけないです、これは避けようがありません。
どんな車であっても、ミッションやエンジンのオーバーホールは距離、年式によって必須となってきます。



でも、それでもですよ、やっぱりお金はかからないほうがいいよね、
安心して乗れる車がいいよね、それはもう人として当然の願望、欲望です。
じゃあ、どうするか?
その答えが、この車。



https://www.garagecurrent.com/porsche/964/830/



ここにご紹介しているこの964カレラ2。
こちらをご購入いただくだけ。
それで解決。



なんでかって?
それは、昨年エンジンの腰上オーバーホールしてあるから。
オイル漏れ全然ないから。
オーナー様が神経質すぎて、毎日、毎朝、車の横を通るたびに、
下を覗いてオイルが漏れていないか、滲んでいないか、
かたきのようにしてご覧になっていたから。
こういう車を探して手に入れればいいんですよ。



https://www.garagecurrent.com/porsche/964/830/



これなら安心でしょ?



さらに、前オーナー様が、入手されたときに、
リアガーニッシュ&テールレンズ一式を新品に交換。
これ、熱でバリバリに割れてきてしまうんですよね。
ここがピカピカ、クリアーなだけで印象が全然違います。
911の命ともいえる、お尻、おしりーな、リアビューがぐぐっと魅力的に、引き締まるんですね。
おまけに、ホイールはボディー同色にリペイント済み。
これまた、いぶし銀なカラーが、妙にしっくりはまってる。
一瞬、おや?っと思うんだけど、これがまた意外と、かなりかっこいい。
これはぜひ現物見ていただきたいですね。



それから、基本フルオリジナル!
シートも、ステアリングも、オレンジウィンカーも、
ビッグミラーも、ホイールも色こそ変更あれど前期用の16インチディスクホイール。
センターのカセットテープホルダーだけは使い道ゼロなので、
ドリンクホルダータイプに変更してますけど、
純正のカセットテープホルダーも保管してありますのでお付けします。
CDデッキとETCとレーダーと、ドライブレコーダーはご愛嬌。
シートなんか使用感ないし、さすが低走行4万km台の個体だけある感じです。
タバコのにおいなどももちろんないですし、ポルシェらしい独特のにおい残ってます。



当然ながらタイヤだって、ミシュランのパイロットスポーツ3入ってます。
N認証ではないのが玉に瑕ですが。。。
それと、もうそろそろ4年経過しているのでご納車時には交換オススメします。
やっぱりここで変なタイヤ入ってると、ちょっと車に対しての扱いを疑っちゃいますからね。



さあ、このバリッとしたポルシェの911カレラ2が、法定点検付き、
担当営業のテストドライブ付き、高速道路テストも含んで、
さらにウィークポイントなども、空冷ポルシェ云十年、
ベテラン工場長の助言を入れての納車整備付きで
購入できるのはこの機会だけ。



https://www.garagecurrent.com/porsche/964/830/



エンジンオーバーホールも済んでいて、オイル漏れの心配は当面ない。
なのに、空冷ポルシェを満喫できる。
しかもほぼフルオリジナルのコンディションを保っている。
そんな夢のような一台を購入できるのは今このチャンスだけ。
この機会を逃せば、またこんな個体がいつ入るのかは、誰にも分からないし、
入ってこない可能性のほうが高いかもしれない。
だって、うちにもこんな個体が入って来るの久しぶりですからね。
たまたま、偶然、めぐり合わせ。
そんな状態です。



念のため、もう一度お伝えしておきますが、このばりっとしたポルシェの911カレラ2が、
法定点検付き、担当営業のテストドライブ付き、高速道路テストも含んで、
さらにウィークポイントなども、空冷ポルシェ云十年、
ベテラン工場長の助言を入れての納車整備付きで
購入できるのはこの機会だけ。



https://www.garagecurrent.com/porsche/964/830/



今こそ夢を叶えるチャンスです。
あなたの夢を叶える場合は今すぐ、お電話ください。



045-902-0008



https://www.garagecurrent.com/porsche/964/830/

オススメ記事