スタッフブログ

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

先日ブログで少しお話をさせていただきましたが、実際に岐阜に行ってまいりました٩( ”ω” )و

もちろん完全プライベートで楽しんでまいりました( *´艸`)

今回は飛騨高山に行って来たのですが、この地実はあの有名な映画のモデルとなった地とされているのです。

※実際に買ってきたお土産の一つです。

そう、「君の名は」です。現在も「天気の子」で記録更新中の新海誠監督の作品です。

というわけで、主人公の家系が代々守る神社の舞台となった場所に行ってきました。

この光景、映画を見た方ならなんとなくわかるかもしれませんね!

私はこの日のために実際にブルーレイを買って予習しておりました。

ちなみに日の出前に行ったのですが、早朝の神社って静まり返っていて結構怖かったです。

何か目的をもっていく旅行というのもいいですよね(*´з`)

もちろんちゃんと観光もしております!

合掌造りで有名な白川郷です。ここも訪れたのが7時過ぎだったのですが、

貸し切り状態のようになっていて自由に見れたのですが、ずっと見上げてしまいますね(;^ω^)

歴史を感じながら空気のいいこの岐阜の地で一日目をスタートしたわけですが、

この後食べられないくらいの食べ歩きの旅がスタートしました。

そちらについてはまた後日書かせていただきます!

 

さて、昨日又賀のブログでもちょっと触れさせていただきましたAE86レビンについて

フル型式という車両の見方がありますのでご紹介させていただきます。

エンジンルーム内の黄色の〇の中にはE-AE86-ECMQFと書いてあります。

車検証では、E-AE86までしか書かれていないのですが、実は続きがあるのです!

これを読み解いていきます。

1文字目「E」 レビンを表します。※Fはトレノ

2文字目「C」 3ドアを表します。※Sは2ドア

3文字目「M」 5速MTを表します。※AまたはPは4速AT

4文字目「Q」 GTVを表します。※VはGT-APEX

5文字目「F」 ハチロクを表します。※Sはハチゴー

つまり、この情報から3ドアハッチバックのレビンのGTVであることが分かるのです!

この時代の車はわかりやすくていいです!

ちなみに、GTVというのは最もいいエンジンを積み、最もピュアなモデルです。

964カレラRSでいうと、ツーリングではなくベーシックということです。

そんな立ち位置のGTVにこだわって今回は商品とさせていただきました。

現代の車は大きく快適に乗れるように進化した半面、この刺激的な面白さをどこかに置いてきてしまったように思います。

それを思い出したいなという方、この車がそのきっかけとなってくれることでしょう。

走りたい方へ心から進められる日本が誇る名車でございます。

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第130は10/10に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga