スタッフブログ

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

先日ご成約いただきました超特別仕様のG55について、

実に興味深い追加整備をご依頼いただきましたのでご紹介させていただきます。

並行車とは、正規ディーラーを介すことなく日本に輸入された車両を指します。

そのため、ドイツ本国仕様であったり、アメリカ仕様であったりとベースが様々です。

つまり、日本とは若干細かい仕様が異なるのです。

この違いが並行車の魅力でもあります。

並行車と一言で言っても、意味合いは2つあります。

・安価であること

・日本ではオーダーできない特別な車両であること

もちろん当車両は、後者です。

2列目のシートがこのようになっているのですから。

メルセデスの場合は、ディーラーでの点検を受けることが出来ます。

そのため万一の際を考えても比較的安心してお楽しみいただくことが出来ると言えるでしょう。

ちなみに、並行車にご興味を持たれる方はその車が特殊かどうかも大切ですが、

どこが輸入した車両であるかも知っていられるとよりいいでしょう。

ちなみに、このG55については既に調査済みでございます( *´艸`)

 

さて、今回行わせていただきました作業というのはスペアキーの作成でございます。

改めて言うことではないのでは、、、とお思いかもしれませんがそうでもないのです。

通常のカギがこちらです。

見慣れたG55のカギです。

今回は同じデザインのキーを仕入れることが出来ず、次のモデル用のデザインに変更いたしました。

何が違うかというと、ズバリ周波数です。

これについては、ディーラーにて受けてもらうことはできませんでした。

日本の仕様とは周波数帯が異なるため設定できないケースがあるのだそうです。

そのため今回は弊社にて手配をさせていただき、無事に作成することが出来ました。

ちなみに価格もディーラーさんよりいい感じかもです( *´艸`)

車両を一日お預かりできれば、作成可能でございます。

並行だからと断られて諦めてしまった方、またはそのような方が周りにいらっしゃる方、

ぜひご相談くださいませ!弊社であればお悩みを解決できるかもしれません!

 


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第131は10/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga