スタッフブログ

またやってしまいました?(;’∀’)

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

昨日もまた私自身が欲しいという尺度でクルマを仕入れてしまいました。

個人的に大好きなC63の、、、今回はエディション507でございます。

最後に出た特別仕様車両です。

オブシディアンブラックで厳つい一台でございます!!

ホイールは専用の19インチ。

キャリパーはさらに巨大化されレッドキャリパーにカラーチェンジ。

後期のヘッドライトとディストロニックセンサー。

この画像からだけでも魅力がにじみ出てまいります( *´艸`)

さらに珍しいことに当車両はセダンでございます。

クーペボディは多く流通しているのですが、セダンとなるとめっきり、、、

しかし、個人的に欲しいのはセダンでした!

利便性の高さがありますので、複数台所有が難しい場合は絶対セダンがおすすめです。

アルカンターラのステアリングは専用品です。

センターポジションを示すステッチがクルマ好きの心を掻き立てます。

トランクスルーがついておりますので長物も余裕です!

ラゲッジルームマットがついておりますので、カーペットもきれいで好印象です。

W204のワゴンに乗っている私からすると、ワゴンは利便性が高いですが剛性が緩いです。

クーペは魅力的なルックスなのですが、後部座席の利便性を考えると選びずらく、、、

そういう理由からセダンならそのちょうど中間で剛性も高く利便性もOKなセダンを今欲しております。

そして何よりもM156エンジンが魅力的です。たまらんです。

フィーリングも音も何もかも惚れてしまっております。

エディション507においては、鍛造ピストンや軽量コンロッドなど

SLSの技術が応用されさらに高回転域での出力を伸ばしております。

誰がどう見てもオーバースペックであるのですが、

それでもほしい気持ちが抑えられない憧れのクルマです。

セダン形状でいうとこの車両が最上位です!

結局一番いいものに目が行ってしまうのは人の性なのだと思います。

これを買うことができるのは選ばれた方のみでございます。

ちなみに、今C63を選ぶのであれば絶対に後期がおすすめです。

後期のみトランスミッションが異なります。

これぞ所有する意味といってもいいほどエンジンとの相性がばっちりでございます!

C63にお詳しいお客様に教えていただきましたが、てっきりデュアルクラッチの機構かと思っておりましたが、

厳密にいうと違うようでございます。お難しい(;’∀’)

確かにクリープなどはしっかり反応してくれて乗りやすいのです!

M156エンジンはAMGが作った最初で最後のNA大排気量エンジンとなります。

このエンジンはきっと後世にまで引き継がれる名機になると私は見込んでおります。

ポルシェ一択だった私が惚れてしまったC63。本当にいいクルマでございます。


友だち追加

オススメ記事