スタッフブログ

500E公開でございます!

当社では、新型コロナウイルス感染症対策として通勤時ならびに就業時のマスク着用を励行しております。

一方、気温・湿度が高くなる夏季においては、社員がマスクを着用したまま作業を行うことで熱中症のリスクが高くなることを危惧しています。そのため、政府から示された「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントに基づき、洗車スタッフにおいては屋外で人と2メートル以上距離を確保できる場合、適宜マスクを外し作業ならびに休憩をさせていただきます。

何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

参考:熱中症予防情報サイト(環境省)

https://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_pr.php

こんにちは。

ガレージカレントの栗田です。

kurita

写真の管理にグーグルフォトを利用していると一年前に何をしていたかということを教えてくれる機能があります。

一年前は何をしていたかというと

休暇を利用してローストビーフを作っていたみたいです。

確か麻布の有名なスーパーに憧れて作った気がします。

のん気なものだなと、、、子供が動き回るようになるとなかなかこういうイベントもできませんからね。

来年くらいにはまたやりたいな~なんて思っております。

 

さて、昨日のブログでご紹介させていただいた500E。

改めて写真を見た感想はよい!というか素晴らしい!

凛とした佇まい。見た瞬間に良さがわかります。

オリジナルティの高さが本当に魅力的。

私と同じ1992年生まれのこの子、妙に愛着がわきます。

このファブリックシート!たまりませんね~

当時はもちろんレザーシートの方が高かったのでしょうが、

30年経った今はこっちの方が蒸れず滑らずで重宝される存在に!

クラシカルでいいですよね!すごく好きです。

焦げ跡や切れがあると困りますがそういうのもありませんし、へたりも感じません。

大切に乗り降りしていただいていたのでしょう。

サンルーフレスという点も素晴らしい!

オプションのサンルーフが必ずしも偉いとは限らない!

むしろサンルーフが標準といえるほどに一般的に装備されております。

 

500Eを極めた人を知っています。

その方はサンルーフレスの屋根に付け替えていました。

それくらいに重宝される存在です。

ちなみにその方は空気の巻き込みなどをきにしてスペアタイヤハウスも切り取ったとか、、、

風の流れが変わるそうなので、、、ここまでくるともう仙人の域です。。。

つまり、こだわる人が欲しがるポイントなんですよってことです!

専門店での整備記録、明細が多数残るこの車両。

クルマを見れば一目瞭然ですが、それを裏付ける資料があるのもよりポイントです!

原点回帰!1992年式の最もシンプルな一台。これぞ500Eと知れる魅惑の一台でございます。

 


友だち追加

オススメ記事