フォード F150 EXTキャブ フレアサイド OHV 1ナンバー貨物登録!

本体価格  ASK
  • 年式 1995年
  • 走行距離 4.3万mile
  • 車検 2016年3月
  • 修復歴 無し

納車前整備についての詳細はこちらから
3ヶ月3,000km保証付プランあり

045-902-0008

               平日 9:00~18:00(火曜定休日)

   

スタッフからのコメント

1995年 フォード F150エクステンデッドキャブ フレアサイド/2オーナー/ディーラー車(近鉄物)/生産終了モデル/ガレージ保管/
車検28年3月/実走行27,200mile/左ハンドル/4速AT/1ナンバー貨物登録/
外装色:エレクトリックレッドメタリック/内装色:グレーファブリック/
エアコン/15インチアルミホイール/フレアサイド/ハイマウントストップランプ/
クルーズコントロール/電動調整ミラー/ランバーサポート/三角窓/
取説/記録簿18枚/スペアタイヤ/スペアキー/ブックケース/無事故/

※ネオクラシックセレクション保証付き!
納車整備:http://www.garagecurrent.com/seibi/
ネオクラシック保証:http://www.garagecurrent.com/neoclassic/
☆過去の納車整備の模様をご覧いただくことができます。
http://www.garagecurrent.com/blog/archives/category/maintenance

☆過去の納車整備の模様をご覧いただくことができます。
http://www.garagecurrent.com/blog/archives/category/maintenance

※第三者機関「AIS」(株式会社オートモビル・インスペクション・システム 車両検査専門会社)による検査実施にて評価済み
http://www.ais-inc.jp/


ザ・アメ車。
キングオブトラッキン。
アメリカ国内販売台数第一位!
トラック部門31年間第一位!
アメリカ国内販売台数28年間第一位!
2位のシボレーのトラックに1.5倍の差をつけて圧倒的なシェアを誇るモデル。

アメリカ国内の2014年年間販売台数1652万台の内の4.5%、75万台がこのF150なわけです。
2014年、日本でもっとも売れたアクアが22万台。
日本の2014年の新車登録台数556万台(軽自動車含む)から換算しても、F150は25万台売れた計算になります。
つまりアクアよりも売れている車なんです!

そんな車が日本では、一変して超希少車になるわけです。
どういうわけか、日本では圧倒的にGMが強く、大半はシボレーのC1500やK1500なんですね。


1948年に誕生した初代から数えて9代目にあたる本車両。
フレアサイドが特徴的な一台です。
通常は、荷台のサイドが平面になっているスタイルサイドが多いですが、
古きよき時代を思わせるフレアサイドがたまりません。
フレアサイドでなければ、弊社ではご紹介しなかったかもしれません。
荷台の幅は、スタイルサイドに比較すると少なくなりますが、
やっぱりこのスタイリングのかっこよさは捨てがたい。

しかもトノカバーもない、まんま荷台の潔さ。
カッコいいじゃないですか。
これぞ、アメリカンピックアップの使い方。
何でも荷台に放り込んで、週末を楽しんじゃってください。
まあ、私なら通勤に使いますけど。

現車は、実走行2.7万マイル!
現オーナー様、1万マイルで入手後、週末にちょこちょこ楽しんでいらっしゃる感じです。
初代オーナー様は、当時の正規輸入元の近鉄モータースから付き合いでご購入され、倉庫で保管しながらたまにお乗りになられていたそうです。
そんな、とんでもない個体を、これまた紹介でお知りになり迷わず入手されたそうです。
前オーナー様は、トラックやバンに傾倒され、これまでも様々なアメ車などを乗り継いでいらっしゃいました。
このサイズでも扱いは手馴れたもので、ぶつけた、こすったなどは見受けられません。
多少の塗装のヤレはありますが、この年式のアメ車の中では超優秀なほうではないでしょうか。

インテリアは、フルオリジナルのベンチシート&コラムシフトの6名乗車!
やっぱりアメ車はこうでなくっちゃ。
かくいう私も、最近愛車をフロントベンチシート化に成功。
できればオリジナルでベンチがよいですが、日本に輸入される個体は、大半がセパレートシートなので困りものです。

とにかく、渋いアメ車のピックアップをお探しで、でも日常使いできる年式でとお考えの方。
もうこれしかないでしょ?とお勧めしたい。
むしろ、私が欲しいくらいです。
欲しいなあ、これ。

97年からモデルチェンジでOHCエンジンになってしまうフォードのFシリーズ。
最後のOHV351エンジンを味わえる貴重な個体です。
OHVならではのフィーリング、アメ車らしいトルク感、これぞアメ車を味わうには、
やはりOHVは欠かせません。
ちなみに、高速道路と一般道での平均燃費は米国サイトのデータによると5.5lm/lだそうです。
まあ、悪くないですよね。
経験上、この数値と同等はちゃんと走るはずです。
高速では、10km/l程度いけますよ。


フォード351(5.8L)V型8気筒 水冷OHVエンジン
最高出力 210hp
最大トルク 441Nm


ガレージカレントでは、他の販売店とは一線を画す、徹底的な整備とアフターサポートにより、
お客様へ安心と満足、そして優越感をお届けいたしております。

輸入車初めてのお客様にも安心してお乗りいただけるように、
ご納車後のサービスもカレントテックセンターにて充実の対応です!
代車のご用意や積載車での引上げ、車検、定期点検、オイル交換、ワイパー交換、タイヤ交換、
鈑金、塗装、事故修理、エアロパーツ、マフラー製作、レザーカスタマイズ、RUFコンバージョンなどなど
車に関することはガレージカレントとカレントテックセンターですべてOK。
なんでもお任せください!


Copyright(c) CURRENT MOTOR Corporation ALL RIGHTS RESERVED.


☆下取りも高額査定!☆

弊社は自社で買取専門事業部「外車王 http://www.gaisha-oh.com/」を運営しているので、
どんな下取り車も適正に評価し、高額査定いたします!

車両情報・基本情報

基本情報
エレクトリックレッドメタリック 乗車定員 6名
排気量 5800cc 修復歴 無し
駆動方式 4WD エンジン種別 ガソリン
ドア数 2 ハンドル
ミッション AT ボディタイプ SUV
正規輸入車 並行車
ワンオーナー - 整備記録簿 -
カーナビ TV
エアバック カーオーディオ

装備

  • パワステ
  • パワーウィンドウ
  • ABS
  • エアコン
  • クーラー
  • 革シート
  • 電動シート
  • シートヒーター
  • アルミホイール
  • キーレス
  • ETC
  • サンルーフ
  • HID
  • ローダウン
  • 盗難防止装置
  • 横滑り防止装置

お電話でのお問い合わせ

045-902-0008

                           平日 9:00~18:00(火曜定休日)

フォームでのお問い合わせ

無料

 似た車両を探してもらう

 フォームでのお問い合わせ

お客様情報

在庫確認車輌状態確認見積もり依頼ローン・金利整備・保証その他

当ウェブサイトはSSLによりフォームの送信が暗号化されています。

フォード F150の買取はこちら
        
   

 お電話でのお問い合わせ

045-902-0008

                               平日 9:00~18:00(火曜定休日)

販売店舗:ガレージカレントショールーム
住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘4-52-16
TEL /FAX:045-902-0008 / 045-902-0009
営業時間:9:00~18:00 定休日:毎週火曜日

LINEでのお問い合わせ