スタッフブログ

こんにちは。

ガレージカレントの長友です。

先日、300TEが整備で入庫いたしました。

以前ご納車させていただいた個体でございます。

現オーナー様は日常使いで多く乗られているとのことで、

今回行わせていただいた内容は以下でございます。

・オイル交換

・スタッドレスタイヤ履き替え

・エアコン点検修理

弊社に入庫時からサマータイヤとスタッドレスのホイールタイヤセットがございましたので、交換をさせていただきました。

ホイールが別途4本必要になりますが、交換も用意にできるので理想でございますね^^

現オーナー様の使用される範囲は、比較的温暖な気候なため「役に立つ場面が何度訪れるか。。」

とお話をされていましたが、万全な準備は大切ですね!!

そして、エアコンは冷風が出ないという症状でございました。

上記お写真が「エキスパンションバルブ」と呼ばれる部品でございます。

その役割は、液状の冷媒を霧状の冷媒へと変化させ、エバポレーターへ噴霧させます。

この通称エキパンと呼ばれる部品は内部がかなり狭く、圧力もかかる厳しい環境化で働いている部品なのです。

今回このOリングの劣化などにより圧力が若干抜けてしまい、エアコンを作動させてから10分ほど立つと、

真空状態を保てない状態になっておりました。

もちろんご納車時は問題ございませんでしたので、部品自体の寿命なのでしょう。

古いお車は、電装系と付き合っていく必要がございますね!

部品の交換後、動作テストも時間をかけて行い無事ご納車完了でございます。

愛車の気になる部分が見つかりましたらお早めに対処していきましょう^^


友だち追加

ガレージカレントメルマガ登録受付中!

第108号は11/25に配信予定です!

登録は下のバナーをクリックしてください。

希少車、輸入車、あなたが唸る車情報満載!毎月10日・25日発行

mmaga